kazuyamurata.com/村田和弥のブログ

大阪四条畷、奈良県生駒市、奈良市富雄にあるnao.c美容室 ケアリスト 村田 和弥のBlog

ヘアケア

春になると気になる悩みは?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

もう3月になりました。
気温も上がり春に突入して来ましたね。

では、春になると
気になる悩みは何でしょうか?

⬆︎この画像を見る限り、

春になるとパサつきが気になるようです。

そこでパサつきを抑える為のケアを紹介をして行きます。


まず、何故パサつくのか?

*湿度の変化による「多湿」「乾燥」

湿度によって髪の水分量も変化します。日本の湿度は他国に比べて、夏は高く冬は低い、という特徴があります。湿度の高い夏はうねりが起こりやすく、乾燥しがちな冬はパサつきや静電気が発生しやすくなります。

*紫外線によるダメージ

紫外線量が多く、湿度も高い日本の夏。毛髪の水分に紫外線が照りつけられると、活性酸素が発生して、髪の栄養であるタンパク質を酸化させてしまいます。ツヤが失われたり、手触りが悪くなる原因になります。


ケアの仕方、

シャンプー前のひと手間

シャンプー前にはまずしっかりブラッシングをすることが大事です。ブラッシングで髪の絡まりをときほぐし、汚れを浮かせて落としやすくします。頭皮の血行促進にもなります。ぬるま湯でしっかり全体をすすぎます。これで約8割の汚れが落ちます。

その後、シャンプーで丁寧に洗い流しパサつきなど、髪のダメージが気になる時はシリコーン入りのシャンプーがオススメ。シリコーンは洗っているときの毛髪ダメージを軽減、指どおりを良くして、髪につやを与える効果もあるんです!

洗髪後のドライヤー前

髪の毛のダメージが気になるところにヘアオイル・ミルクなど、洗い流さないトリートメントをつけます。そうすることで、髪をドライヤーの熱から守るだけでなく、静電気からも守ってくれます。

ドライヤーの温風と冷風の使い分け

髪のダメージを減らすために、手ぐしでブローしながら、生え際から温風で乾かしていきます。
髪の毛が7割ぐらい乾いたら冷風に変えて、髪の荒熱を取るように乾かしましょう。
ある程度熱が取れたら最後は温風で仕上げ、サラッとまとまりのある髪に!

と、洗髪前やドライヤー前など
少しの手間を加えるだけで髪のパサつきを抑える事が出来ます。

1度皆さんもお試しあれ!

The following two tabs change content below.
nao.c美容室 ケアリスト 村田和弥です。 現在は『nao.c』『nao.c area2』『nao.c tres』をローテーションでまわってます。ヘアケアやヘッドスパなどを得意としてます ここではヘアケア情報や日常のことなどを書いていきます。 撮影などのモデルも募集しておりますのでお声掛け下さい‼︎

WEB予約

LINE@

カラーモデルや撮影のサロンモデルなど募集してます^^

instagramやってます!

-ヘアケア